年齢によって異なる苦労

看護師という仕事は、国家資格の取得が必要な仕事であり、専門職となりますから、他職業と比べると転職は有利と言えるでしょう。しかし、そんな看護師でも転職をする際には、それなりの覚悟がなければ後悔してしまうことになります。転職を安易に考えていると、後々取り返しがつかないことになりかねません。

看護師という仕事は「経験があればあるほど、有利だろう」と思っている方も多いと思いますが、年齢も大きく関係してきます。例えば、20代の女性看護師の場合は、経験は少ないですがその分体力があるため、重宝される傾向にあります。特に、夜勤勤務がある施設であれば、20代の転職は有利といえるでしょう。30代となれば、ある程度の経験を積んできていることになります。そのため、スキルによっては大学病院といった大きな病院への転職も叶えることが出来るでしょう。しかし、体力は落ちてきていますから、転職後に「体力がキツイ」と後悔することもあるでしょう。40代以上の転職の場合には、どういった規模の病院で、どういった仕事をしてきたかによって左右されます。中には、結婚や出産によって、一度仕事から離れた方もいると思いますから、こういった方の場合には復職に苦労することもあるでしょう。

「若いから大丈夫」「経験が多いから大丈夫」だけでは通用しないこともありますから、目的をしっかりともって取り組んでいくことが大切となるでしょう。もちろん、資格と経験があれば、定年まで経験を積むことも可能ですから、考え方次第で様々な可能性がある職業と言えます。このように女性看護師は年齢によって、持つべき覚悟が変わっていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.