需要が高くても、油断は禁物!

全国的な看護師の不足はよく知られるようになった事実であり、どの現場でも需要が高い影響を受けて転職がしやすいのは看護師の特徴です。その認識に誤りがあるわけではありません。しかし、あまりにその認識が広まった結果としていつでも気軽に職場を変えられるという理解をしてしまっている人もいるのが事実です。

需要の高さを鵜呑みにしてしまって、応募すれば採用されると油断する人も多く、結局採用されない状況が続いてしまうのもよくあることとなっています。何度も求人に応募していれば大丈夫だろうと楽観的になっている人も失敗する傾向があり、転職が決して簡単な道ではないという認識が欠けているのが現状です。覚悟を決めて一球入魂で応募すると採用を勝ち取れる人もいますが、その段階にたどり着くまでに何度も不採用を繰り返してしまいがちになっています。

基本として理解しておきたいのはどの施設でも看護師が欲しいとはいえ、現場で活躍してくれる有能な看護師を求めているのに違いはないということです。役に立たない人のために払う給与はないという姿勢を持つのは当然であり、面接を経てきっと活躍してくれるという期待を持ってもらえてようやく採用が決まります。転職は茨の道であると理解して、覚悟を決めて望まなければ延々と職場が決まらずに苦労してしまうでしょう。需要の高さは求人の多さに影響するものの、採用されやすさに対してはそれほど大きな影響を与えないのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.